FAQ

よくある質問

学習面について

  • Q.補習体制はどうなっていますか?
    • A.

      小テストやレッスンテスト、定期考査後などに主に英数国で指名補習を行っています。また、長期休暇中には補習優先期間があり、発展・基礎など生徒のニーズに合わせた補習を行い、クラブや委員会活動との両立ができるように配慮しています。

  • Q.少人数や習熟度別の授業はありますか?
    • A.

      英語・数学などの教科の一部で分割授業を行っています。生徒の理解度に合わせて習熟度別クラス編成を行うこともあります。高校の選択授業は少人数になります。

大学入試に向けて

  • Q.大学入試に向けての講座はありますか?
    • A.

      高2・3で行われている演習科目や、高3のほとんどの授業内で受験問題演習を取り入れています。また、長期休暇中には入試に向けた補習補講を多数行っています。さらに、高1から始まる看護医療系講座や、進路担当や小論文演習担当者による模擬面接などは放課後に行われています。

学校生活について

  • Q.昼食はお弁当ですか?
    • A.

      月曜から土曜までお弁当を準備していただいています。中にはおにぎりやサンドイッチなど購入したものを持参する生徒もいます。また、当日朝9時20分までインターネットで注文できるスクールランチもありますし、売店で軽食(おにぎりなど)を、談話室の自動販売機でパンの購入もできます。

  • Q.校則は厳しいですか?
    • A.

      細かな校則はほとんどありません。中1で配布される「学校生活の手引き」という冊子に書かれている生活上のマナーが校則にあたるかもしれません。髪留めなども「学生らしく華美でないもの」にしましょう、と書かれています。制カバン・制リュックはありますが、サブバックは自由です。

  • Q.登下校時刻は何時ですか?
    • A.

      生徒のために開門している時間は7:15~17:30です。朝礼が8:15に始まり、終礼は15:15から始まります。生徒は全員、17:30までに下校することになっています。(11月~3月は朝終礼の時間が15分ずつ繰り下がります。)

  • Q.災害対策・安全対策はどうなっていますか?
    • A.

      緊急時のメール一斉配信や災害掲示板による本人・保護者・学校が連絡を取り合える環境を整備しています。私立学校避難校ネットワークとリンクしているので、都内・神奈川の私立学校に避難した際にも安否確認が行えます。詳細は「安全管理」でご確認下さい。

友だち関係について

  • Q.生徒間でのトラブルはありますか?
    • A.

      トラブルはありますが、できるだけ未然に防ぎ、発生してからも早期に対応しています。中1では、昼食の座席を短期間で変更して、クラスメイトと早く知り合えるようにしています。また、普段と様子が違うように見える生徒がいたら保護者と連絡を取り合ったり、面談をしたりもしています。6月と11月に面接週間があり、担任と生徒が1対1で面談します。

クラブ活動について

  • Q.クラブ活動に制限はありますか?
    • A.

      週4日を限度として活動できますので、掛け持ちをしている生徒も少なくありません。休日の練習試合などにも回数制限を設けて、勉強との両立ができるようにしています。

  • Q.クラブには必ず入部しなければなりませんか?
    • A.

      地元で習い事を続けているため入部しない生徒もいますが、違う学年との交流を通しての学びもあるので、可能な限りどこかのクラブに所属することを勧めています。活動日が週に1回だけのクラブもありますので、習い事に力を入れている生徒も参加しやすいようです。

その他

  • Q.PTAはありますか?
    • A.

      PTAはありませんが、「父母の会」があり、各クラスから2名ずつ委員を選出し、連絡などを担当していただいています。

  • Q.奨学金制度はありますか?
    • A.

      中学・高校とも、貸与型の三輪田学園奨学金があります。また、保護者の家計急変に伴う単年度の授業料減免措置もあります。さらに、高校では東京都、埼玉県などの自治体による奨学金の取り扱い代行を行っています。

  • Q.学費以外に必要となる費用はありますか?
    • A.

      学費(入学金、授業料、実験実習費、施設設備費など)以外に、学年積立金があります。年度途中で必要になる問題集の購入や学年行事での必要経費、修学旅行を含む旅行費用の積み立てのために集めさせていただいています。年度途中での追加徴収は原則としてありません。

入試について

  • Q.学校説明会や文化祭に行く際、予約は必要ですか?
    • A.

      すべてのイベントが予約制となっており、開催日の30日前から予約受付が始まります。文化祭は、外部の方はチケット制ですが、受験生とその保護者の方につきましては、ホームページからのご予約でご入場いただけます。

  • Q.筆答考査で注意することがありますか?
    • A.

      筆答考査では、黒の鉛筆(又はシャープペンシル)しか使えません。また、文字の書いてある筆記用具なども使用できませんのでご注意下さい。1時間目の考査の前に注意がありますので、必ず守ってください。

  • Q.当日の持ち物は何ですか?
    • A.

      筆記用具(黒の鉛筆又はシャープペン、消しゴム)、受験票、上履き、必要であれば水筒とお弁当です。なお、携帯電話・スマートフォンは考査場に持ち込むことはできません。

  • Q.合格発表はどのように行われますか?
    • A.

      学内掲示で発表していますが、インターネットでの発表も行っています。(学内掲示とインターネットでの内容が異なる場合には学内発表を優先させていただきます。)

帰国生入試について

  • Q.面接はどのように行われますか?
    • A.

      本人と保護者1名に対して、面接官2名で行っています。内容は5分くらいで、本人と保護者にそれぞれ2~3問ずつの質問をさせていただきます。内容としては、例えば「海外生活で苦労したことはありますか?」「日本との違いをどんなところに感じましたか?」「休日は家族でどのように過ごしていましたか?」など、海外生活の一コマについてお聞きしています。

関連するページ