SECURITY

安全管理

三輪田学園の防災教育

三輪田学園の防災教育写真

 三輪田学園の校舎は2010年に全面改築され耐震性も優れていますが、施設の充実だけでは災害対策は万全とはなりません。三輪田学園では、「生徒の防災意識」の向上こそが最も重要な災害対策と考えています。そのため、避難訓練や経路別集団帰宅訓練の実施、災害対応マップの配布など、日頃から災害に対する意識を持てるよう、防災教育に力を入れています。

ページの上部へ戻る

充実した防災設備・備品

  • slide01
  • slide02
  • thumb01
  • thumb10

 万一に備え、施設だけでなく、防災設備の整備にも力を入れています。緊急地震速報装置(放送が聞こえにくい体育館、音楽室、プール、講堂などには、緊急地震速報を受信すると赤色灯が回転するようになっています)はもちろん、全校生徒が3日間生活できるだけの食料や簡易マット、保温シート、毛布などを準備しています。非常用の食料は、乾パンや水のほか、レスキューフードを用意してあります。

 また、ライフラインが途絶えた状況を想定し、ランタンやカセットコンロのほか、マンホール直結の仮設トイレ(10器)も備え、利用の際にはプールの水が使用できるようになっています。

ページの上部へ戻る

避難訓練・集団帰宅訓練

避難訓練・集団帰宅訓練写真

 三輪田学園では、各学期に1回以上の避難訓練を実施しています。また、大勢のお客様がいらっしゃる三輪田祭時の災害に備え、三輪田祭実行委員会が中心となり、三輪田祭当日を想定した避難訓練も行っています。さらに、災害時等の帰宅に備え、利用路線・地域ごとに集団帰宅グループを作り、集団帰宅訓練も実施しています。

ページの上部へ戻る

災害対応マップの配布と活用


PDFで見る

 中学入学時に災害対応マップが配布され、生徒は常に携帯します。この災害対応マップには山手線内の地図が記載されており、本校は山手線内のほぼ中心に位置しているので、山手線内で被災して交通機関がマヒしたときは、徒歩で学校に向かうように指導しています。さらに、同封されている災害対応マニュアルでは、登下校時に被災した時の自分のとる行動をフローチャートで確認することができるようになっています。

ページの上部へ戻る

緊急時の情報提供

 三輪田学園での緊急時における情報提供は、学園ホームページでの緊急告知と緊急メール配信が基本となっています。また、大規模災害発生時には、上記に加え、インターネットを利用した災害掲示板で生徒・保護者・教員間での連絡ができるようになっています。この災害掲示板は、いざという時に慌てずに利用できるよう、避難訓練と同時に運用訓練が行われています。

ページの上部へ戻る

避難校ネットワーク

 東京都私立中学高等学校協会では、私立学校のネットワークを生かして、「登下校時の緊急避難校ネットワーク」のシステムを確立しています。これは震災等で交通機関がほぼ全面的に動かなくなった際に、自校・他校の生徒に関わらず、生徒を優先して受け入れるという仕組みです。自校の生徒が保護された場合、受け入れ校が「避難校ネット」に登録して、保護者ならびに学校が情報を共有できます。

ページの上部へ戻る

救急手当てをいち早く行えるために

  • slide01
  • slide02
  • thumb01
  • thumb10

 三輪田学園では、各所にAEDを設置し、全教職員が使えるように、毎年1回、AED講習会を実施しています。さらに、東京消防庁から講師を招いて、救命技能講習会を実施し、多くの教職員が「救命技能認定証」を受けています。

ページの上部へ戻る

関連するページ