中1追分合宿

投稿日:

たま鑑
ブログを更新しないまま、ずいぶんたってしまいましたが、
実は昨日まで中1の生徒と一緒に合宿だったのです。

三輪田学園には軽井沢に追分寮があり、70名程度が合宿できます。
7月末から8月中旬まではクラブ合宿がおこなわれ、
8/21からは、3泊4日の中1クラス合宿となります。

初日は寮の周りを散歩。
2日目は火山博物館見学と白糸の滝ハイキング。
3日目は午前中追分宿を散策、午後はスポーツ大会。
4日目は館内をきれいにお掃除して帰京。
といったプログラムです。
私は、最初のクラスの出発時の見送りと、
残りの3クラスの合宿に参加しました。

中でも、2日目はこの合宿のハイライト。
まず、嬬恋郷土資料館で元館長の松島先生から浅間山の天明の大噴火
の際のお話を伺います。
資料館のある鎌原村は、この噴火により土石なだれで埋もれてしまった村。「日本のポンペイ」とも呼ばれています。
ここの発掘調査をおこなったのが松島先生ですが、
ご本人からその時のお話や、鎌原村復興にまつわるお話などを伺います。
 
鎌原観音堂


その後、この噴火の後が生々しく残る鬼押し出しへ。
浅間園のハイキングコースを40分ほど歩き、昼食。
午後は峰の茶屋から白糸の滝までハイキングです。
涼しい林間の道を、生徒たちは楽しそうに話しながら歩いていました。
4クラスとも晴天に恵まれ、ハイキングができるのはめずらしいこと。
今年の中1の運の強さ?でしょうか…
        白糸の滝で


帰ってきてみると、校庭が完成!
2学期開始も間近です。