終わりよければすべてよし

投稿日:

たま鑑
2日間にわたる三輪田祭が終わりました。
どちらか一日は雨、と覚悟していたのに、奇跡のように天候に恵まれ、
何とか無事に終えることができました。


                   三輪田祭で賑わう校庭

2日間で来校した方の合計は5519名。
受験生の方々も2日間合計で1500名近く来校して下さいました。
昨年はインフルエンザで非公開、しかも学年閉鎖で参加できない学年もあったのですから、
その分、生徒たちは存分に楽しんだことと思います。


中2の学年展示「ボランティア展示」では、人体模型を使って蘇生訓練も。
               テニスクラブは展示参加


      後夕祭でのバンド演奏


新校舎で初めての三輪田祭ということで、生徒も先生も勝手がわからず、
来校して下さった皆様にご迷惑をおかけしたかもしれませんが、
どうぞお許し下さい。
いくつかのテーマは大混雑で長蛇の列ができ、長いことお待たせしてしまったり、在校生の動きが悪かったり、スリッパの数が足りなかったり…と問題もあったようです。
しかし、三輪田祭というのも教育の場。
自分たちで考え行動し、
失敗したら翌年に生かせるようにきちんと記録を残していく。
先輩の記録を確かめながら、
次の学年がまた新しい三輪田祭を創っていく。
それが生徒たちの成長に繋がっていくのだと思います。
これからそれぞれの部署で、きっちり反省会をしていくことでしょう。


今年の三輪田祭のテーマは「Love & Peace」でしたが、
愛と平和を心から願う、三輪田らしい文化祭になったと思います。
閉会後の後片付けも順調に終わり、
校庭のブルーシートも、生徒のお手伝いのお陰でさっさと片付けることができました。

ともあれ、「終わりよければすべてよし」
(…と『ゲゲゲの女房』の中にもでてきましたね。)
今日から学校は平常運転です。