出願初日

投稿日:

たま鑑
今日は平成23年度中学入試の出願初日。
毎年この日には、朝早くから出願をお待ちになる方が大勢いらっしゃいます。
私は6:20頃に出勤しましたが、その段階で60~70人はお待ちでした。
1番の方は午前3時頃から並んでくださったとのこと。
毎年、寒い中お待たせして申し訳ないという気持ちと、有り難い気持ちで、
ただただ頭を下げるしかありません。
入試要項には7:30開門と書いてありますが、急ピッチで準備を進めて
7時には講堂にお入りいただきました。
この時には、なんと130名の方がお待ちでした。

校舎が完成してから初めての入試。
出願も不都合があっては、とドキドキでしたが、
何とか無事講堂での手続きを終えることができました。
今年度は、講堂舞台上で手続きをおこないました。
お待ちの方からも進行状況がよく見られて、安心だったようです。
昼頃から、出願手続きは事務室窓口で行うことになりました。


7時過ぎの講堂内

           手続きは3人くらいずつ舞台の上で


校長室に戻るともう昼休み。
中1の生徒がなにやらゾロゾロ特別教室棟屋上に向かっています。
なんだなんだ…と一緒についていくと、
理科2分野の授業のために、太陽の観測をしているのでした。


特別教室棟の6階には、天文クラブの部室兼プラネタリウムがあり、
そこから屋上に出ることができるのです。
普段はお出入り禁止の場所ですが、靖国神社に面したこの一画は、
校内でも屈指のビュースポット。
春には桜がそれは美しいのです。
日当たりも良く開放的で、太陽の観察にもぴったり。
しばし生徒と一緒に観察をしていました。
慌ただしい朝と対照的な、のどかな午後のひとときです。