チヒロさん、お待ちしてます

投稿日:

たま鑑
昨日はバレンタインデー。
最近、女子校では「友チョコ」という儀式があって、
2/14は朝からチョコレートの大交換会になります。
いつもはお菓子持ち込み御法度の学園も、この日ばかりは目をつぶり
先生も「食べるのはお昼ご飯の時にしなさい」としかいいません。

ついでに私も中一の生徒にチョコレートをいただきました。
校長室まで持ってきてくれる、という気持ちがありがたい。
(でも、これって、何チョコ??)
児童労働の講演会で、そのチョコレートにどんないわくがあるか知っても、
まあ、それはそれとして…ということでしょうか。
生徒たちの交換するチョコが、フェアトレードか、または正当に価格設定されたものでありますように。

ところで、2月12日付けの朝日新聞に、
三輪田学園の名前が登場していました!
夕刊のbeスタディーに連載されている、『同時進行 受験家族』という記事です。
その中の「じっくり家」のチヒロさんが、最終的に三輪田学園に入学することになったと。
チヒロさんは時には自信をなくして泣いたり、疲れ果てて眠ったり、
大変な受験を経験したようです。
でも、じっくり、最後まで頑張って、合格を勝ち取った。
そんなチヒロさんが三輪田学園を選んでくださったことは、
本当に嬉しいです。
今年入学する新中一の皆さんは、多かれ少なかれこんな経験を積んで、
入学してくるのでしょう。

チヒロさんたち、入学式でお待ちしています。
「三輪田学園に来てよかった」といっていただけるように、
私たち教職員も、先輩たちも、両手を広げてお待ちしています。