3学期スタート

投稿日:

たま鑑
1月10日、3学期がスタートしました。
新しい年の始まりでもありますが、3学期は年度の締めくくりでもあります。
希望に満ちて1年をスタートするとともに、
照顧脚下、よくこの年度を顧みて、きちんと締めくくりたいものです。
また、いよいよ入試も近づき、校内では着々と準備がすすんでいます。
受験生の皆さん、日頃の努力の成果が発揮されるときがやってきました。
皆さんが納得のできる結果が得られるように、心から祈っています。

さて、以前ブログでもお知らせしましたが、昨日からガールズ・ランチのトライアルが始まりました。
あくまでもトライアルなので、3学期は高1、高2のみで実施ですが、
昨日は生徒・先生合わせて50人ほどがランチを注文し、お昼ご飯を楽しみました。
もちろん、私もとてもおいしくいただきました。

昨日のメニューは鶏の唐揚げ・マッシュルームソテー・ビーンズサラダ・インゲンの酢味噌和え。
ミワダ・ガールズランチの特製パッケージに入ったかわいらしいお弁当でした。
別容器のご飯は魚沼産コシヒカリだけあって、大変おいしく、
しかも温かいものでした。


注文した生徒は談話室で食べることになっていますが、
家からお弁当を持参した生徒も一緒になってグループで昼食をとり、
会話も弾んでいたようでした。
事前に連絡しておいたため、ほとんどの生徒が「マイ箸・マイCUP」を持参。
受け渡し時に予想された混乱もなく、順調なスタートとなりました。


このガールズランチ企画の一環として、
2月には、NPO法人TABLE FOR TWO の方にいらしていただき、
世界の子ども達の食糧事情についてお話していただく予定です。
また、メニューコンテストやパッケージデザインなど、
お弁当を頼む・頼まないに拘わらず、多くの生徒の皆さんに積極的に関わってもらうことで、食育とはまた別の学びができそうです。
様々な発展の可能性を持ったガールズ・ランチです。