世界の紛争と私たち

投稿日:

MIWADA TOPICS
 少し前になりますが、11月9日(金)の中学1年生の道徳の授業では、JVC日本ボランティアセンターで事務局長をされていた清水俊弘先生に「世界の紛争と私たち」というテーマで講演をしていただきました。

 三輪田学園の道徳教育では、中学3年間をかけて、様々な観点から平和について考えます。「日本が経験した戦争」、「現在も世界で起きている戦争」、「戦争で苦しんだ人々」、「今も戦争で苦しむ人々」など、「過去と現在」、「日本と世界」といった観点から「命の大切さ」、「平和の尊さ」を考えます。

 中学1年生は、夏休みに戦争について各自で調べ、2学期の初めに発表を行いました。そして今回、清水先生の講演を聴き、戦争の恐ろしさを痛感し、さらに「平和」への思いを強めたのではないでしょうか。講演後、清水先生に多くの生徒が質問をしたことからもその様子が伺えました。