中学生の道徳・ホームルーム

投稿日:

MIWADA TOPICS
 3学期は、各学年が1年間取り組んできたことの集大成となります。行事や活動を通して、生徒たちの成長や成果が見られることを期待しています。

 さて、1月11日(金)に行われた中学1年生の道徳・HRの報告です。 
 中学1年生は、3学期の道徳のテーマである「環境」の事前学習として、「電気のない1時間を過ごしてみよう」という冬休みの宿題に取り組みました。

 そして今回の道徳・HRの時間を使って、「環境について私たちに何かできることはないか」ということをグループで話し合い、発表を行いました。生徒たちは、次のような取り組みをしたようです。
・ゲームを我慢して家族でカードゲームをした。
・電気を使わずにろうそくの明かりで入浴した。
・ろうそくの明かりだけで食事をした。
・暖房を我慢して毛布にくるまった。

 このような体験を通して、電気の大切さを学び、無駄使いに気付いたようです。節電のために、今後どのような取り組みができるのかを発表してくれたグループもありました。環境のためにできることを考え、家庭でも学校でもできることを実践していってほしいと思います。