中学生の道徳・ホームルーム その2

投稿日:

MIWADA TOPICS
 中学2年生の今学期最初の道徳・ホームルームの報告です。

 1月11日のホームルームの時間を使い、「百人一首大会」を行いました。
 学年全員が体育館に集合し、全部で20グループに分かれて、さあスタートです!
 詠み上げるのは国語科の先生。上の句だけで次々に札をとっていく強者から、下の句が詠まれる瞬間を虎視眈々と待つ肉体派(?)まで様々です。
 歓声と悲鳴、ため息と拍手が飛び交う中、見事優勝したのは22枚を獲得した2年い組の生徒。時間の関係で50枚弱しか読み上げない中、半分近くを取ったのは見事でした。
 本校では中2から週2時間の本格的な古典(古文・漢文)の学習が始まり、百人一首をすべて暗記することになっています。例年1月に実施される大会は、その学習の成果を発揮するチャンスなのです。