【PC特別委員会】第五福竜丸事件 大石又七さん来校!!

投稿日:

三輪田の風
 1月25日の5,6時間目、第五福竜丸のもと乗組員、大石又七さんが中学2年生に第五福竜丸事件の話をしてくださりに、この三輪田学園にいらっしゃいました!!
(googleで「大石又七」で検索すると、なんと約17300件ヒット!!)

 第五福竜丸事件とは、1954年(昭和29年)3月1日、マーシャル諸島のビキニ環礁でマグロ漁船第五福竜丸が、広島原爆の約1000倍の威力を持つという、アメリカの水爆「ブラボー」の実験に遭遇、約160kmの地点で、船に乗っていた大石さんを含めた23が死の灰をあび、原爆症になったという事件です。
(日本の人口(当時)約8000万人中、約3000万人が原水爆禁止のための署名に参加。また、「ゴジラ」制作のきっかけにもなったそうです)

 療養明け初の講演となった今回の講演会。講演前の1月15日の朝日新聞に掲載され、、三輪田学園での講演会には報道の取材があり、講演後の1月26日の東京新聞の1面に載るという、想像だにしなかった出来事にクラス中びっくりでした。

 そしてこの日の朝、第五福竜丸展示館の訪問者が500万人を超えたそうです。私も小学校の社会科見学で行ったので、当時の私の学年70名弱もこの500万人の中に含まれているんですよ!!

 第五福竜丸展示館は、東京都江東区の夢の島にあり、第五福竜丸がそのまま展示されています。ちなみに私が一番印象に残っているのはモールス信号です。
 みなさんも是非、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?