中学卒業式

投稿日:

たま鑑
今日は第66回中学卒業式。
169名が三輪田学園中学校を卒業しました。

この学年の学年色は黄色。
ひまわりのように明るく元気よく、まとまりのいい学年です。

この学年は改築なった講堂で入学式をあげた最初の学年です。
説明会や入試は一部旧校舎でおこないました。
制服採寸の日は寒い日でしたが、旧校舎の仮玄関で、たくさんの学用品を持った新入生と保護者の方に挨拶した記憶があります。

中1追分合宿で一緒にハイキングや見学にいったこと。
ちょっぴり生意気になって、心配になった中2の頃。
様々なシーンが思い出されます。
それが中3になるとすっきりして、まとまりのよい学年になりました。
広島新聞や職業インタビューのまとめなど、学んだことを協力して発表するのが上手な学年です。
ひとり一人もしっかり成長していることを、卒業論文で印象づけられました。



答辞の中で、3年はあっという間だったと述べられていました。
それだけ充実した時間だった、と考えて良いでしょうか。
思春期真っ只中の3年間ですから、何事もなく順調に過ごすことはなかなかむずかしいくらい。
むしろ色々な人とぶつかったり、自分自身の限界を知ったりして、
立ち止まったり転んだりの3年間だったのではないでしょうか。

そういう思春期のトンネルも、そろそろ出口が見えてきたはずです。
4月からは高校生、胸を張って新制服に袖を通してください。
新高校1年生に、大いに期待しています。
卒業、おめでとう。