オリエンテーション第1日目

投稿日:

たま鑑
昨日、中学の入学式がおこなわれ、176名の新入生を迎えました。
「入学許可」のところで、ひとり一人名前が呼ばれ、「ハイ!」と返事をして立つのですが、皆とてもが元気よく、きびきびした態度で感心しました。
各クラスの出席番号1番の人による新入生宣誓も大きな声ではっきりとできました。
う~ん、なかなかいい感じですね。これからが楽しみです。

私からの式辞では、アンパンマンの作者やなせたかしさんと新藤兼人監督の二つの言葉を紹介し、傷つくことを恐れず、他の人の役に立とうとする人に育ってほしいと話しました。

さて、今日から3日間はオリエンテーション期間です。
この間に、学校生活のきまりや注意、自己紹介、クラス委員選挙、生徒会選挙、健康診断など様々なことをまとめてやってしまうのです。
中1生は記名検査や身体測定があるので、登校2日目にしてものすごい荷物。
通学鞄のほかに大きなサブバックをさげて、慣れない電車通学でさぞ大変だったことでしょう。
ご家族が学校近くまで送ってくださった生徒もいたようです。
校門に入るお子さんを心配そうに見守る保護者の姿は、毎年見る光景。
ご心配なく。安心してお預けくださいね。

さて、オリエンテーション期間に必ずおこなっているのが避難訓練です。
新しい教室、出席番号になったところで、まず避難訓練。
震災後の新しい習慣です。
6学年1000名以上の生徒が、緊急避難速報と放送の指示に従って机の下に潜り、その後校庭に避難してきます。
銀色の防災頭巾の一団が続々と校庭に集結するのは壮観です。
今日は予告してあったこともあり、避難開始から9分足らずで点呼が終了。
しかし、もっともっとバージョンアップした訓練が必要です。
今日は教室で防災マップを使った説明もあったはず。
いざというとき、いのちを守るのは日頃の訓練です。