「十年後の私」

投稿日:

MIWADA TOPICS
 5月25日(土)、高校1年生は本日まで中間試験がありました。試験終了後、「十年後の私」というテーマで、10歳年上の先輩に講演をしてもらいました。今回いらしてくれた卒業生5名のお仕事は、小学校教諭、銀行員、看護師、キャリアアドバイザー、保険会社員です。

 同じ三輪田学園で教育を受けた先輩たちが、高校1年生の時にどのようなことを考え、どのように今の進路に進んだのかを聞くことができました。

 講演会の後には、生徒から「やりたい勉強とやりたい仕事が違う場合、どちらを優先したらいいですか」という質問が出ました。先輩からは、「やりたい仕事に就きやすい学科というのは、就職には有利です。ですが、やりたい勉強の方を選んだ方が良いと思います。なぜならば、その学問は自分の強みになるし、アピールポイントにもなるからです。『人と違うこと』を恐れずに、ぜひ、それを『自信』に変えてください」というアドバイスをいただきました。

 卒業生からの言葉は、とても身近に感じられるだけに高校1年生の生徒たちにも深く染み渡ったことでしょう。講演会後も相談コーナーで、生徒たちの質問に個別に答えて下さいました。

卒業生の皆さま、本当にありがとうございました。