根性朝顔

投稿日:

たま鑑
相変わらず梅雨の曇天の中、ソフトテニスクラブの皆さんが練習中。
そんな様子を校長室の窓から眺めていたら、
教室棟1階の窓辺に朝顔が咲いていることを発見しました。

中学生徒会を中心に、グリーンカーテンを目標に教室棟側に植物を育て始めて3年目。
なかなかカーテンとまではいかないものの、私たちの目を楽しませてくれていました。
今年も着々と準備が進んでいますが、まだ芽が出たばかりの段階なので、プランターは職員室の前にあります。

「それじゃあ、あの朝顔はいったい…」とカメラ片手にみにいったところ、
確かに咲いていました。防球ネットにしっかり蔓を絡ませて。
昨年の朝顔の種が残っていたのでしょう。
でも土は?
蔓をたどっていくと、末端は排水溝の中にわずかに残った土の中に。
大雨が降れば流れてしまいそうな土ですが、そこから伸びた蔓は排水溝のカバーに絡み、防球ネットをくぐり抜けて花を咲かせるまでに成長したのです。



自然って、すごい。
これがいのちなのですね。
なんだかとても感動しました。

私たち人間も、条件が悪いとか環境のせいだとか文句ばかり言わないで、
ひたすら生きようとするいのちを見習うべきだと思います。
あっぱれ、根性朝顔!
自然から学ぶことはたくさんありますね。