高2関西修学旅行

投稿日:

MIWADA TOPICS
 高校2年生は、6/3 から6/7まで4泊5日で関西に修学旅行に行ってきました。今回のトピックスでは、実際に旅行に行ってきた高校2年生の旅行委員の生徒に記事を書いてもらいました。
(以下、高2旅行委員の記事です。)

~1日目~
 8時頃に東京を出発。新幹線の中では友達と仲良く、これからの修学旅行について語り合いました。初日のコースは、浄瑠璃寺→昼食→興福寺国宝館→東大寺(南門・三月堂・二月堂・大仏殿)です。
 浄瑠璃寺では貴重なお話を伺うことができ、平安時代のものとしては、今は唯一のものとなった九体阿弥陀仏を拝観することができました。東大寺では二月堂から綺麗な景色を一望しました。
 
 


~2日目~
 2日目は2つのコースに分かれました。
〈飛鳥コース〉
 甘樫丘 → 飛鳥寺 → 石舞台 → 安倍文殊院(昼食)→ 法隆寺 → 中宮寺→ 聖林寺

〈長谷室生コース〉
 長谷寺 → 室生寺 → 昼食 → 法隆寺 → 中宮寺 → 聖林寺

 私が参加したのは飛鳥コースでした。飛鳥寺は蘇我氏が物部氏と対立し、争った後に建立したものでとても歴史を感じることができました。法隆寺では実際に独特の柱の形状であるエンタシスを見ることができ、感動しました。
 
 


~3日目~
 薬師寺 → 唐招提寺 → 秋篠寺 → 東福寺

 薬師寺ではお寺の方から「有難う」の意味を深く教えていただき、1つ1つの物事への感謝の大切さを学びました。唐招提寺では年に3日しか公開されていない鑑真和上坐像を拝観することができました。少し混んではいましたが、とても良い経験ができました。
 私たちはこの日に、奈良から京都に移動しました。
 


~4日目~
 4日目は、自主研究日です。班ごとに行きたい場所、交通手段を全て自分たちで決めて行動します。
 私の班が巡ったコースは、伏見稲荷→清水寺→二年坂・三年坂→知恩院です。
 伏見稲荷では、見たこともない数の鳥居があり、圧倒されてしまいました。清水寺では、長い坂を登ったために班員全員が疲れてしまいましたが、清水の舞台から見た絶景に元気をもらいました。また、音羽の滝や三重塔を見て回りました。帰りの坂では、たくさんのお土産を買いました。お昼には、学校より渡された携帯電話で先生方に班員の無事を連絡しました。宿には皆、5時までに帰ることができました。日を追うごとに高校2年生としての自覚と責任を持つことができ、旅行委員一同すごく嬉しく感じました。

 

~5日目~

 5日目は4つのコースに分かれました。

〈八ッ橋コース〉
 日野法界寺 → 萬福寺 → 東寺

〈紅葉コース〉
 高山寺 → 神護寺 → 建仁寺 → 三十三間堂

〈舞妓コース〉
比叡山延暦寺 → 南禅寺

〈抹茶コース〉
 上賀茂神社 → 鞍馬寺 → 貴船神社 → 広隆寺 

 私の班は、紅葉コースを回りました。神護寺ではおみくじをひたり、瓦投げをすることができました。お昼はすごく綺麗な場所で食べることができました。とてもおいしかったです。
 建仁寺では風神雷神屏風を見ました。教科書では見たことがありましたが、実際の迫力には驚きました。最後は、三十三間堂に行きました。千体ある千手観音もまた言葉では言い表せない迫力がありました。
 そして見学終了後、京都駅から帰京しました。私たちはこの経験を活かして、これからの行事に全力で取り組んでいこうと思いました。