高1・高3看護医療系ガイダンス

投稿日:

shin-no-michi
 先日、看護医療系ガイダンス高3、高1の講座が開かれました。6月16日に行われました高2のガイダンスに引き続き、東京医療保健大学の鈴木和文先生にお越しいただきました。

 高1 1回目 7月12日(金)13:00~16:00
 「医療系の学部・学科では、どのようなことを学ぶのか」、「卒業後の進路先、高校時代にやっておくこと」、「医療系に必要な資質・適性とは何か、命を扱うということの重さ。1秒も無駄にできない。」医療現場は、命と向き合う厳しい仕事であるということを自覚してほしい、と繰り返し話されました。

 高3 最終回 7月17日(水)13:00~16:00 
 今回のテーマは、「面接」です。面接を受ける人と審査する人に分け、模擬面接を行いました。お互いに気づいたことを言い合い、最後に先生から入退室、面接を受ける姿勢、話す内容などについて講評がありました。「今日の経験を生かして、いろいろな人に面接してもらい、経験を積み重ねること。そうすれば、大丈夫です。」と心強いお言葉をいただきました。