クラブ合宿 その1

投稿日:

MIWADA TOPICS
 7月19日に終業式を終えたばかりですが、7月20日から軽井沢の追分寮でのクラブ合宿が始まりました。各クラブの合宿の様子を随時ご紹介していきます。

<音楽クラブ>
 7/20~7/23の3泊4日、朝は気温15度という涼しい環境の中、音楽クラブ合宿を行いました。参加生徒は39名で、7月下旬のNHK全国学校音楽コンクール予選と9月の文化祭に向けて、練習に励みました。コーチの先生に、朝はストレッチと発声、日中は曲のレッスン、また休憩時間にも学年ごとに発声をご指導して頂きました。合宿最終日の追分コンサートでは、全曲を演奏しました。美しいエネルギーのある発声で、練習の成果を発揮することができました。

 


<調理クラブ>
 調理クラブは3年ぶりの合宿を行いました。初日は三輪田祭で使う装飾の製作をしました。2日目は信州ハムの工房でウインナーソーセージの手作り体験をし、出来立てを試食しました。午後からは近くの公民館を会場に、プロの手ほどきを受けながら、3人1組でそば打ちの体験をしました。作ったソーセージとそばは持ち帰ったので、帰宅してからの土産話に花が咲いたことでしょう。親睦が主な目的の合宿でしたが、学年を超えた交流も深まり、三輪田祭に向けた活動のスタートを切ることができました。

 
 


<英会話クラブ>
 英会話クラブは、三輪田祭での英語劇(今年は『ピーターパン』)の発表に向けた練習を集中的に行いました。部員同士で話し合いながら表情の出し方や動きを工夫し、英語の発音を確認しながら一つの劇を作っていきます。また、英語劇の基本的な技術の向上のため、発声練習や即興劇も行います。3泊4日の活動で各自役作りを集中して行うことができ、充実した合宿になりました。

 
 


<書道クラブ>
 今年は14名が参加しての合宿となりました。体育館一面にブルーシートを敷き詰め、普段は書けないような大作にも取り組みました。個人で作品を仕上げた後は、大きな筆を使って文字を書き上げました。最後には、部員全員で合作を完成させました。これらの作品は、三輪田祭で展示します。
 この3日間、書道漬けとなりましたが、ひとりひとりが集中してすばらしい作品を作ることができました。今後の活動にもつなげていってほしいと思います。