中3社会科読書-卒業論文発表会

投稿日:

MIWADA TOPICS
 2/28に、中学3年生の社会科読書の発表である「卒業論文発表」が行われました。卒業論文の完成までの取り組みをご報告します。

 1学期から夏休みにかけての読書レポートの作成、夏休みの卒業論文のテーマ決め、2学期以降からの本格的な論文の作成を経て、2月、中学3年生全員が卒業論文を完成させました。2/28の道徳・ホームルームの時間は、各クラスの発表を通じて選ばれた代表12人による卒業論文発表会です。

 今年度は、人種差別や児童労働、社会福祉に関連する論文に加え、原子力発電の安全性に関する論文や、クリーンエネルギーへのシフトを模索する論文が多く見られました。

 この卒業論文の作成、発表を通して、生徒たちが、論理的な思考方法を身につけるとともに、社会の問題に対する洞察を深め、社会と自己との関係性を見つめなおしたようです。
 論文発表を通して、生徒たちの大きな成長を感じることができました。自信を持って、高校生活を送ってほしいと思います。