Miwada Next Stage

投稿日:

たま鑑
運動会も無事すんで、ホッとしているところです。
三輪田の運動会はパワー全開。
生徒自身も、教員も、保護者の方々も全員が楽しめる運動会です。
受験生の皆さんにも是非ご覧頂きたいところですが、
警備上の問題などもあり、非公開にさせて頂いています。
トピックスの写真でお楽しみください。

高3の圧勝に終わった運動会でしたが、運動会がすむと、生徒たちはすぐに勉強モードにチェンジします。
来週の水曜から中間試験が始まるので、のんびり感慨に浸っている暇はない、ということです。
最近、生徒たち(特に高校生)の学習に対するポテンシャルが急上昇してきている、と感じています。
これを引き出し、定着させることが学校の役割。
この点に応えるべく、授業や補習・補講の在あり方に工夫をしたり、
中学での初期段階でのつまずきをなくすために、卒業生が放課後学習を支援するシステムもスタートしています。
学習意欲や学力のさらなる向上をめざして、これからも色々な「しかけ」がおこなわれます。

さて、昨日は塾の先生方対象の学校説明会をおこないました。
200名以上の先生方にご来校頂き、本当に有り難く思っております。
私からは、「 Miwada Next Stage 2014年、ミワダは進化する」と題して、お話をさせて頂きました。

三輪田といえば「徳才兼備」「誠のほかに道なし」。
ここの部分は不易の教育理念として堅持したいと考えています。
そしてこの「徳」と「才」をもっと強固に結びつける新しい教育プログラムとして、「ライフスキル・プログラム」の取り組みをご紹介しました。

今の中1生が社会に出る10年後、日本は、世界はどのようになっているのでしょうか。
今の変化の速度からいうと簡単に予想もつきませんが、それでも彼女たちは確実にその時代を生きていくのです。
ならば、どんな社会であっても、その変化にフレキシブルに対応し、積極的に関わろうとする女性、さらに、人との関係の中で成長しようとする人に育つことが必要です。
そのような女性に育つために、必要な力が三輪田のライフスキルです。

三輪田が考えるライフスキルとは、
1.世界に興味・関心を持ち、学び続ける力(グローバル化に対応する教育)
2.問題を解決する論理的思考力
3.リーダーシップとフォロワーシップ
4.対話する力・共感する力
5.確かな職業観に基づく人生設計力
の5つです。

これらのスキルが学習や学校生活のいろいろな場面で育成されていけば、
「徳」と「才」が強固に結びついた女性が育つはずです。

この説明の最後に、以前ブログで紹介した卒業生からのメールを紹介しました。
南相馬の病院で看護師として頑張っている彼女です。
自分の重要な人生の転機に、臆せず飛び込んでいける。
しかも利己だけではなく、利他のために。
ライフスキル・プログラムが進んでいけば、三輪田からこういう女性がどんどん巣立っていくことでしょう。

では、5つの力とは具体的どうやって育てる?
これから、このブログや説明会などで、順々に説明していきます。