夏休み、終盤に…

投稿日:

たま鑑
8月1日から15日間の登校禁止期間を経て、夏休み後半の活動がスタートしています。
登校禁止期間は校舎のメンテナンスを一気に行う期間です。
といっても、高3の補習は入っているので、完全に校内から生徒がいなくなるのはお盆前の一週間だけ。
その間も、軽井沢追分寮などでのクラブ合宿は行われています。

もともとこの登校禁止期間は、生徒を家庭に返す、言い換えれば家庭で自主的に過ごすための期間と位置づけてきました。
昨年までは7月26日くらいから登校禁止にしていたのですが、
今年から補習とクラブ・三輪田祭準備の時間帯を分ける期間を設けたため、
活動時間を保障する目的で、登校禁止期間が短縮されました。
しかし登校禁止期間、家でだらだら過ごしていると、あとで大変なことに…。
宿題などを計画的に進め、自立学習の習慣をつけるためにも、有効に過ごしてほしかったのですが、どうでしょう?

さて、16日以降続々と生徒が集まって、補習やら部活、三輪田祭準備などにいそしんでいます。
昨日は生徒会主催の「わくわく冒険ツアー」があり、多くの受験生も来校してくださいました。
暑い中、本当にありがとうございました。

気がつけば明日はもう20日。
中1は明後日から追分寮でのクラス合宿がスタートします。
中2や高1も、まもなくイングリッシュ・キャンプやイングリッシュ・サマースクールがあり、夏休みはもう後わずか。
そろそろ新学期を迎えるための心の準備が必要そうですね。

私は明日からしばらく追分寮にいて、中1の合宿にお付き合いします。
この夏はカナダの下見に始まって、追分寮に14日間、インターハイのお手伝いと超多忙でしたが、
なんとか乗り切れそうなので、皆様に感謝です。
強い日差しの中、校庭に中学生徒会の皆さんが植えたひまわりが順調に成長しています。
すくすく伸びようとするひまわりたちに、私もパワーを分けてもらった気がしています。