中1追分合宿 に組

投稿日:

たま鑑
昨日まで寮生活を楽しんでいたろ組は、午前中にお掃除をすませ、
おいしい昼ご飯(今日はキーマカレー)を食べて、元気に帰京しました。
替わってやってきたのは、1年に組です。
私はこれで4クラス一通り合宿でおつきあいし、「同じ釜の飯」をいただく関係となったわけですが、
おもしろいことに、クラスごとに少しずつカラーの違いがあることに気付きました。
この学年の学年色は赤ですが、赤にもいろいろトーンがある、そんな感じです。
今日来たに組は落ち着いた臙脂色に近い赤、というかんじです。
それなりに元気で子供らしいのですが、先を読んで行動できる人たちです。

寮に着いて、寮のスタッフへの挨拶や諸注意を受けた後、まずベットメイキングをします。生徒の部屋は2段ベットなので、普通は上段の取り合いになるのですが、このクラスはそういうこともなさそう。
ただ、ふだんからシーツの取り替えはご家族にやってもらっているらしく、シーツと布団カバーの違いが分からないとか、ベッドメイキングの仕方分からないという人が多かったようです。
これはどのクラスでも共通です。
中1合宿ではベッドメイキングや梨むきに限らず、配膳や片付けの手伝いなどもしますので、ふだんお家でどの程度お手伝いをしているかが試される時でもあります。
に組の皆さんは飲み込みが早いので、配膳などはとてもスムーズにできました。

私服に着替えると、今度は寮周辺の散策に。
私が生徒として追分寮に来た頃に比べればずいぶん人家が増え、逆に畑がなくなったりしていますが、
それでもまだまだ都会で見られない植物や動物がたくさん見つかります。
に組の担任の先生は生物がご専門なので、丁寧に野草の説明をしてくださいました。

              追分寮の前 これから散歩に出発

夕食のハンバーグ・野菜サラダ・春雨スープ・キャラメルムースをぺろりと平らげ、夜は集会がありました。
3つの斑が東京から準備してきた模造紙を掲示して、浅間山の歴史や
長野の動植物、特産品などについて発表しました。
最後にみんなで歌を歌うのが定番です。

今年はどのクラスも『アナと雪の女王』の挿入歌を歌っていました。
今大流行の「ありのままの姿みせるのよ」ですが、自己解放の歌、と考えてよいのでしょうか?
でも劇中では雪の女王になって孤立を選ぶシーンに使われているのですよね…。
それはともかく、伴奏者の方、ご苦労様。

明日は浅間山周辺の見学とハイキング。
お天気も何とかなりそうなので、楽しみです。
私はこのハイキングから戻ったら、すぐに東京に帰ります。
長かった追分生活と共に夏休みが終わり、
2学期ももうすぐです。