【新聞特別委員会】時代の風が運んでくるもの

投稿日:

三輪田の風
 こんにちは。
 皆さん、いかがお過ごしですか?新聞部です(^^♪

 昨日の雨と打って変わり、今日はいいお天気でした。

 さて、今日は、新聞には載りませんが在校生は皆さんご存じ、
 「英単語コンクール」が行われておりました。
 新聞部は、基本「取材→記事書き→編集→校正→発行」
 が仕事なので、合間を縫ってみんなで勉強していたり
 もしたのですが……。今日は、残念会になってしまいました。


  今期号の編集も大詰めを迎え、みんなで頭を抱えております。
 長い歴史のある「三輪田新聞」。途切れるわけにはいきません。
  過去の新聞を集めた「縮刷版」を読み返すと、みんなに大人気なあの先生の初々しい(?)
インタビューが載っていたり、してほっこりすることも。(現実逃避ですね(苦笑))
 何年前はああだったのか、と読み返すと、その時代の「風」のようなものを感じます。流れてゆくもの、そこにとどまるもの。
私達も何年後かに読み返されて恥ずかしくないように書かねばなりませんね。
(た、たいへんだぁ……。)

 明日には、我々新聞部員の一大行事「新聞フォーラム」が予定されています。またアップします。では、またお会いしましょう(^o^)丿

今日は、清々しい夏の思い出と共にお別れです。
追分、今年は行けるかなぁ……。