3学期始業式 さあ、いよいよ

投稿日:

たま鑑
皆様、あけましておめでとうございます。
今年も三輪田学園と校長ブログをよろしくお願い申し上げます。

今年は未年、穏やかに過ごせる年であってほしいと思います。
羊は仲間と群れているのが大好きな動物。
友達と一緒にいると安心…というのは、よくわかります。
しかしその羊の群れも、同じところにじっとしているわけでなく、
最初に誰かが動き出すと、他の羊がそれに従って動くのだそうです。
居心地のいい群れから一歩踏み出してみる。
その勇気が、群れ全体を動かすのですね。
今年は、その最初の一頭になってみてはいかがでしょうか。

3学期が始まると、高校3年生は受験準備のため授業がなくなるので、毎日登校しなくてもよくなります。
(もちろん、登校して自習をしている生徒も例年たくさんいますが…)
ですから、下級生が高3生と校内で会う機会はほとんどなくなります。
そこで、3学期の始業式の時に下級生が高3生にエールを送ること
が、西前校長以来の倣わしになっています。
このエールの音頭は私がとるのですが、これが結構恥ずかしい。
しかし、そこはぐっと堪えて、大学時代に応援団の友人に教わったエールを、声を張り上げてリードしました。
講堂の中で、高3生に向き合った下級生が『フレー、フレー、高3!」とエールを送っている図はなかなかほほえましく、いつの間にか夢中で拍手を送っていました。

高3生の皆さん、チャンスは自分でつかむものです。
そしてチャンスはいつやってくるかもしれません。
そのチャンスを逃さずものにするには、日々の努力が欠かせません。
皆さんは6年間、その努力や訓練を続けてきたのですから、自信を持って大学入試に臨んでください。

これは中学入試の受験生の皆さんにも言えることですね。
いままでの自分の頑張りを信じて、全力を尽くしてください。
皆さんに合格証をお渡しすることを、楽しみにしています。