むし歯の治療報告

投稿日:

ひだまり
保健室です。

放課後、ある高校生の生徒が
ニコニコと手を振りながら保健室に入ってきました。

なんだろうと思ったら虫歯治療完了の報告でした!

治療報告の用紙をなくしてしまったので、と
口を開けて治療済みの歯を見せてくれました。
確かに白い詰め物が見えてきれいになっていました。

生徒はニコニコ。
私たちもよかったね、とうれしい気持ちでした。




4月の健康診断で見つかってしまったむし歯は
全校生徒のうち、40人で81本でした。

これをいかに減らすか。

・健康診断の後すぐに受診の勧告をします。

・夏休みの前に、治療報告のない生徒を保健室に呼び出して治療の状況、予定を聞きます。

・11月8日、いい歯の日にも、まだ治療報告のない生徒を呼び出します。

ここ数年、ここまでして、徐々に虫歯の治療率が以前より高くなってきました。



保健室前の廊下にはクラス別のむし歯の表を掲示しています。

この表、いつでも視覚的に虫歯の治療状況がわかるのでいいと思うのですが
冷静に考えると虫歯治療はクラスで力を合わせて頑張る性質のもではないので
表にする意味はあまりないのかもしれません。

でもむし歯をまだ直していない生徒が
保健室の前を通るたびに表を見て
あぁ、歯医者に行かなくちゃ・・・と思ってもらえたらなと
願っています。