【華道】近況報告

投稿日:

三輪田の風
2月の入試休みが終わり、4月からは新しい三輪田生が入学します。
私は、入試の手伝いをしていましたが、今年の受験生は礼儀正しく、挨拶してもきちんとはっきりした声で返してくれ、これまた可愛らしい後輩が来るものだと少しウキウキした気分でした。
 しかし、ほとんどの一年生は華道部のような地味な部活(つまらない自虐で申し訳ございませんが)には目もくれず、華やかな運動系や
文科系の部活に入部してしまいます。(かくいう私も中学一年生の春から華道部に入部しておりますが、およそ170人あまりの中学一年生のうち、この華道部に来たのは私一人だけでございました。)
 しかし、中学二年になると、クラスメートの何人かが入部してくるようになりました。

 華道部はとても良い部活だと私は思っています。
確かに、部員は少ないほうですしあまり知名度もありません。それでも「花を生けること」に関しては芸術性を感じ、日々自らの才能を高めるために努力しています。実際、私や私の友人、先輩、後輩の方々も年が経つごとに講師の方が教えてくださった生け方から独自の生け方を生けられるようになりました。
 華道部 二月十一日