新学期、新ランチ

投稿日:

たま鑑
今週月曜から、新学年、新学期の授業が始まっています。
校内のあちこちで迷子の中1生を見つけては、道案内しています。
みんな仲良く一緒に迷子になっているので、ひよこのようで可愛いのなんの。
この時期だけの光景です。

さて、新学期になり、スクールランチも大きく様変わりしました。
食育と社会貢献、さらに忙しい保護者の皆さんのお手伝いのため…などと様々な意味から、取り組んできた予約注文制のランチ。
3月までお願いしていた業者が変わり、今年度から「大増」という大手のお弁当業者さんになります。
「大増」と言えば、駅弁やデパ地下でもおなじみのお弁当屋さん。
そちらで学生用のランチを用意していただくことになりました。

今日はその初日。
早速注文したお弁当を食べてみました。


ご飯とおかずのバランスもよさそうです。


今日のメインは鶏肉のグリル。
インゲンとにんじんの胡麻和え、春雨の酢の物、里芋の煮物など副菜も盛りだくさん。
栄養バランスもよく、ビジュアルもとても美味しそう。
 
食べてみると,さすがに老舗のお弁当屋さんだけあって、とても美味しく、全体の味のバランスもよく計算されているな、と感じました。
おなかいっぱいになって、満足満足。

インターネットで4日前まで注文できます。
1食550円と、前のランチよりは少しお高いですが、それだけの価値あり。
在校生の皆さん、どうぞ、お試しください。

もちろん、アフリカの子どもたちへの寄付も1食に付き10円含まれています。
美味しく食べて、社会貢献。
これも、食を通したグローバル教育です。