GWがすむと…

投稿日:

たま鑑
新年度がスタートして早くも1ヶ月。
毎年4月はばたばたしていて、あっという間に過ぎてしまいます。
ミヒャエル・エンデの小説『モモ』の中に出てくる、灰色の服を着た時間泥棒が私のところにも絶対来ている!と感じています。

GWが明けるとすぐに運動会。ですからこのところ、生徒は早朝練習に余念がありません。
昔、先輩の先生から、「三輪田の運動会が学年対抗なのには、ちゃんと理由があるのです。」と言われたことがありますが、
せっせと練習に励む彼女たちを見ていると、その理由がよくわかります。
女の子は横の繋がりを大切にします。また、けっこう真面目です。
自分が足手まといになって、チーム全体に良くない結果をもたらしたら…と誰もが真剣に考えているようです。
ですから学年対抗という方法は、学年の団結と協調性を高めるカギなのです。
この点、マイペースで縦の繋がりを大事にする男子とはちがうところですね。
そんなわけで、このところ朝遅刻する生徒がほとんどなく、とても爽やかに朝礼が始まっています。

自分が中学生のころ(今から40年以上前ですが…)、あこがれの先輩たちが汗をキラキラさせながら走っていたことを、今でも鮮やかに思い出すことができます。
「私たちも先輩みたいになりたいね」と話ながら、二人三脚の練習をしたものでした。
毎年、運動会にはドラマがあります。
今年はどんなドラマがみられるやら。
GWにゆっくり休んで英気を養ってほしいものです。