全緑少女から絶対黄者へ

投稿日:

shin-no-michi
 高3のみなさん、運動会総合優勝おめでとうございます。午前中は少しひやひやしましたが、終わってみれば安泰の優勝でしたね。

 さて、4月中に何とかしたいと思いつつ、5月の中旬を迎えてしまった進路ブログ。今年度初の更新は、緑学年のメッセージ紹介から入ります。

 例年、高3を対象に行われている卒業生の講演会、今年は4月11日(もう1ヶ月前ですが…)でした。大学生になったばかりの元気な4名が、それぞれの経験と後輩への思いを熱く語ってくれました。
 進路の決め方や学習法は四者四様でしたが、共通していたのはやはり第1志望へのこだわり。スランプや模試の成績でへこみそうになっても、やりたいこと・行きたい大学に着いては妥協しない方が好結果につながることを感じさせられました(もちろん全員が第1志望に行けるわけではありませんが、その思いの強さが学力につながるのも確かです)。



 直接の声ではありませんが、例年お願いしている「後輩へのアドバイス」も多くの卒業生が協力してくれました。
 当然講演会より多くの「声」が読めるわけですが、ここでも共通していることと、人によって異なること、どちらもあります。もちろん、文系と理系、国公立第1志望と私立専願で違ってくるのは当然なのですが、同じ系統・同じ大学に進学した場合でもアドバイスが異なっていることは珍しくありません。
 進路の決め方も学習法も、最後は自分ということでしょうか。アドバイスは大いに参考にしつつ、自分のやり方を最後は貫いてほしいものです。

 ちなみに「後輩へのアドバイス」は高3の赤本フロアと、進路指導室に同じものを置いてあります。高1高2の皆さんで読みたいという人は、進路指導室の方を利用するといいでしょう。