10年後の私

投稿日:

MIWADA TOPICS
 5月23日(土)、中間考査最終日の3・4時間目に、高校1年生を対象とした「10年後の私―仕事について考える―」が行われました。この「10年後の私」という講演会では、今の高校1年生よりも10歳年上の卒業生をお迎えして、仕事の内容やその仕事に就くまでの過程について、お話をしていただきます。

 今回は、国際貨物の取り扱い業務、生命保険業、小学校教員、半導体の研究開発、調理家電の設計開発、化粧品の研究開発に携わっていらっしゃる6名の方々が講演してくださいました。

 お話していただいた方々は、三輪田学園で学び、進路を決めた第59回の卒業生です。高校時代のクラブ活動や委員会活動、2学期に行う文理選択、大学受験のお話もあり、生徒たちは大変興味深くお話を伺うことができました。

 卒業生からは「学校の授業一つひとつを大切にして、自分の可能性や能力を広げていく大切さ」や「日々の目標を定めて、その目標に向けての努力を継続する重要性」を教えていただきました。今後、高校1年生は6月には「学部学科ガイダンス」があり、夏休みには大学のオープンキャンパスに参加することになります。今回卒業生から伺ったお話を十分に生かして、今後の進路を考えていってほしいと思います。