6月の進路イベント(高2・高3編)

投稿日:

shin-no-michi
 ブログに掲載する段階では7月になってしまいましたが……

 修学旅行の余韻がまだ少し残っている(?)19日のロングホームルームで、高2対象の進学ガイダンスが実施されました。
 高1秋の文理選択の際に、既に第1回の進学ガイダンスを受けている高2生。今回は外部講師(ベネッセの方)をお招きし、より具体的かつリアルな受験状況や今後の進路・進学についてお話をしていただきました。
 今の大学入試がどうなっているのか、志望校合格のポイントはどこにあるのか、就職状況と進学との関連は……。ご自身の進学・就職体験も交えつつ、豊富な具体例と数字に裏打ちされた講演内容に、生徒も集中して聴いていたようです。




 同じ時間帯、高3の生徒が参加していたのが11の教室に分かれての校内大学説明会でした。都内の私立大学11校を招き、「受験校」としての大学を意識してもらう企画です。
 大学自体の紹介はもちろん、入試の形態や状況、合否のポイントなど実践的な内容の説明会です。高2とは違った意味で、生徒も真剣にお話を伺い、メモを取っていました。
 本校の生徒数だと、11の大学をお呼びする場合、希望者が10人程度になってしまう大学も出てしまいます。しかし、どの大学の方も実に熱心にお話をして下さり、感謝の言葉もありません。その熱意に、生徒も応えてほしいものです。




 その翌週、高3ではメンタルトレーニングを行いました。専門のメンタルトレーナーをお招きして、「受験に克つ」精神力を身につけようという企画。
 本校の生徒は穏やかで優しく、人の気持ちを慮ることのできる人が多いのですが、逆に前へ前へという積極性や押しの強さという面で物足りなさを感じることもあります。
 それが全てではありませんが、メンタルトレーニングはポジティブ・シンキングをベースにした精神(こころ)のトレーニングです。本校の生徒には必要な指導ではないかと一昨年から導入されました。
 フィジカルトレーニングと異なり客観的な数値で効果が見えるというものではありませんが、今後の生徒に好影響を与えることを期待しています。