法政大学と高大連携

投稿日:

たま鑑
今日は夕方から法政大学総長 田中優子先生とお会いして、高大連携の調印式のお約束でした。

しかしその前に、朝イチで新しいネイティヴの英語のアシスタントティチャーを迎えに新宿へ。
JET!プログラムで招聘されたケイリー先生は、夏休みの補習からさっそく英語の指導を手伝ってくださいます。
生徒の皆さん、どんどん話しかけてください。

さて夕方になり、予定通り法政大学へ。
ボアソナードタワー最上階の特別室で、総長の田中先生にお会いしました。
法政大学とはお隣り同士として、数年前から交流はありましたが、
2013年からは理科実験や留学生との英語での交流会、キャンパスツアーなど、本格的な高大連携をしていただいています。
今回、この連携を正式なものにするべく、調印式をすることになりました。

    右側が田中優子総長



この調印によって、受験の方法が変わるわけではありませんが、法政大学がより身近になり、今まで以上に法政大学への進学を考える生徒が増えるかもしれません。
また、中高のうちから大学での学びを身近に感じることができれば、学びのモティベーションが高まり、将来設計もしやすくなるでしょう。
今後、どのように連携が発展していくか、楽しみです。

田中総長は報道番組などマスコミでよくお見かけする方ですか、とても気さくで素敵な方でした。
東京六大学初の女性総長であり、女性リーダーのロールモデルといえるでしょう。
とてもつよい意志をお持ちと感じました。
また是非、お目にかかってお話ししたいです。