追分寮生活 その4 玄関に傘の花

投稿日:

たま鑑
今日も朝から雨。ラジオ体操は今日も玄関ホールで行いました。
そして今日は、は組が帰京する日です。

あちこち丁寧にお掃除をして、きちんと片付けた後、は組の皆さんは元気に帰っていきました。
今頃はお家でゆっくりしているところでしょう。

追分寮にはテレビはなく、生徒が使えるパソコンもありません。
携帯電話も持ち込み禁止なので、外部とは隔絶されたような生活になります。(新聞はいつでも置いてありますが。)
お家ではこのような環境になることは絶対ないでしょう。
最初はテレビやパソコンがない生活が苦痛に感じる人もいるでしょうが、お友達と話したり遊んだりする時間の楽しさに、帰るころにはテレビやパソコンのことなどあまり気にならなくなる様子。
だからこそ、中1で追分合宿をする意味があるのです。
ふだんあまり話さないクラスメートの意外な一面を見つけたり、グループで過ごす楽しさは、まさにプライスレス。
クラブ合宿となると、練習がきつかったりして楽しいことばかりではないかもしれませんが、中1の時は思いっきり楽しんでほしいものです。

入れ替わりにやってきたろ組は最後のクラス。
いきなり雨のスタートでしたが、元気に走り回っています。
夜の集会では丁寧に調べた研究発表を披露していました。


 ”玄関に傘の花”


 研究発表のようす


さて私は明日、ハイキングがすんだら東京に帰ります。
8泊9日の追分生活でしたが、晴れたのは初日だけ。
長年追分に来ていますが、こんなこと珍しいです。
明日は晴れて、ハイキングできるとよいのですが…。