追分合宿 vol. 2

投稿日:

MIWADA TOPICS
 追分クラブ合宿レポートの続編です。

<読書サークルクラブ>
 読書サークルクラブは、8月5日(水)~8日(土)まで合宿を行いました。
 毎年追分合宿を三輪田祭での展示発表に向けた準備にあてています。一学期中に今年のテーマを決め、そのテーマに沿った本を数冊選び、予め読み終えてから参加します。
 今年も三泊四日の共同生活をしながら、中二から高二まで全員がそれぞれ忌憚なく発言し、じっくり読書会をしました。学年を越えて語り合うことで、登場人物の人物像や、心情の変化、物語の背景を理解することなど、個人的な感想に留まらない、新たな視点を得ました。
また二日目には、中軽井沢から湯川渓流のせせらぎ沿いの道を歩いて、塩沢地区にある「絵本の森美術館」まで遠足しました。ちょうど「ピーターラビットの世界展」の会期中で、世界一有名なうさぎピーターラビットの誕生の背景やナショナルトラストについても展示されていました。

  

 このクラブは、少人数ならではのアットホームなクラブです。三輪田祭の展示では、合宿前に話し合った一冊と、今回合宿で扱った三冊について、中一から高二まで、全員が原稿を書き、推敲、添削、模造紙の清書まで責任を持って仕上げます。どんなテーマでどの本を扱ったのか、どうぞ楽しみにお出で下さい。お待ちしております。

  

<華道クラブ>
 華道クラブは、7月24日~26日の3日間追分合宿をしました。
今年は、お稽古はせず親睦を目的にしました。軽井沢にある信州ハム軽井沢工房でソーセージの手作り体験をしました。熱中するあまり試食が終わるまで写真を撮ることを忘れてしまいました。手作りのソーセージの味はとてもおいしく、感激してしまいました。
8月7日に、表参道の小原流会館で行われる“学生いけばな競技会”に六名で参加しました。高2生が準優秀,中2生が佳作をみごとにいただき、73校中団体14位というすばらしい成績を収めることができました。これは1人1人が楽しんで生けた結果です。
三輪田祭では、テーマのもとにお花を生けて展示します。また、高校3年生の部員は合作を発表します。ぜひ、ご覧下さい。