AED講習

投稿日:

MIWADA TOPICS
 10月21日、教員研修会において三輪田学園の全教職員がAED講習を受講しました。講師には成城学園中学・高等学校の先生をお招きして、日常生活や学校生活において考えられる救命活動について話してもらいました。
 心筋梗塞や脳梗塞の症状と熱中症によるけいれんがどういうものであるのかを映像を見ながら把握し、その対処法を学びました。どの病気にどのようや症状があるかを知っておくことが、迅速かつ適切な救命活動につながります。
 研修の後半では、心臓マッサージとAEDの使い方を確認しました。救急車を呼んでから、現場に到着するまでにするべきことを把握し、心臓マッサージを行う際のペースと継続方法を学びました。まわりの人の協力を得ながら、救急車の手配、AEDの用意、心臓マッサージを素早く正確に行えるようにすることがこの講習会の目的です。
 
 三輪田学園の教職員は毎年AED講習を受け、緊急救命活動の知識を身につけています。しかし、三輪田学園全体の救命活動の能力を高めていくには、生徒たちにも命に関わる症状やその対処法を知ってもらうことが大切になってきます。
 三輪田生の皆さんも、救命活動について広く関心を持ち、自分にできることを考えてみてください。