中3職業インタビュー

投稿日:

MIWADA TOPICS
 中学3年生は、11月20日に卒業生に「職業インタビュー」を、翌週の11月27日に「新聞作り」を行いました。今回はそのレポートを掲載します。

 三輪田学園中学3年の2学期以降の道徳のテーマは「将来について考える」です。

 夏休みには、身近な方に職業インタビューを行い、11月20日には、現在働いている卒業生へのインタビューを行いました。会社員から放送作家、ダンスディレクター、食品検査の研究者、アナウンサー、空間プランナー、看護師等々バラエティに富んだ14人に協力していただきました。

 生徒たちは、現在のお仕事の内容やその職に就くために必要な資格、お仕事を通しての喜び等についてインタビュー形式でお話を伺いました。卒業生も映像やパワーポイントを用いるなど様ざまに工夫を凝らして説明してくださいました。また、中学3年生の時に将来についてどのように考えていたか、中学・高校時代に何に熱中していたか、やっておいて良かったことなど現在の生徒自身の在り方にも示唆に富むお話を伺えたようでした。

 卒業生のお話は、自身の将来の身近なモデルとして捉えることにつながったのではないでしょうか。翌週27日の道徳の時間には、インタビューをもとに新聞を作成し、それを卒業生にお送りするとともに、冊子にして全体で共有しました。

 ご協力いただいた卒業生の皆さん、ありがとうございました。