中1国語読書 ビブリオバトル

投稿日:

MIWADA TOPICS
 2月8日(月)から、中1読書の時間で「ビブリオバトル in Miwada」の発表が始まりました。
 授業としての「読書の時間」は30年以上の歴史を持っているのですが、アウトプットの機会はあらすじの要約と感想を「書く」という形式が長く続いてきました。
 英語に限らず、自己表現に際しては「書く」だけでなく「話す」もまた重要です。そこで、数年前から3学期の活動として「おすすめ本」の発表を行うようになったのです。
 各自がお気に入りの本を選び、その魅力を言葉によって訴える。最も高い評価を得た発表者の本が「チャンプ本」に選ばれます。

 まだ中1と侮るなかれ。教員も感心するほどに練られた内容や熱いトークで、大きな拍手を受ける人も少なくありません。クラス全員の発表が終わるまで、いつもの静けさとは異なる「読書の時間」が続きます。