図書委員会交流会

投稿日:

MIWADA TOPICS
 図書委員会ではここ数年、早稲田中学・高等学校と交流会を行っています。
 今年も、2月13日(土)に三輪田学園図書館に早稲田中学・高等学校図書委員会の皆さんをお招きして、交流会が開かれました。
 今回は、早稲田生は高校一・二年生のみの参加、三輪田生は高二全員と中三・高一有志が参加しました。

     □□□◆□□□□□□

 三輪田学園の図書委員長が挨拶をして開会、早稲田高校の司会者が会を進めていきます。はじめはパワーポイントを使って、両校の年間活動報告をしました。同じ中高生の図書委員活動なのに、活動内容が全く異なることに、驚かされることもあったようです。

     □□□□□□◆□□□

 次はビブリオバトルです。両校から発表者が二名ずつ、計四名の発表参加者となりました。それぞれおすすめの本を手に、その魅力を紹介していきます。公式ルールに則り、5分の発表時間とその後の質疑応答を経て、発表参加者とオーディエンスと呼ばれる一般参加者の全員で「もっとも読みたいと思った本」つまりチャンプ本を投票で選びます。
 ちなみに、早稲田生も、三輪田生も、公式ルールに則ったビブリオバトルは初めての体験です。後で聞いたところによると、両校とも発表参加者は、前日から「気持ちが悪くなるほど」緊張していたのだそうですが、後ろで見ている限り、四人とも、そのような様子はつゆほども感じさせず、ほどよい緊張感の中、堂々と好きな本の魅力を語っていました。

     □□□□□□□□□◆

 最後は歓談の時間です。図書館講義室から普通教室に移動して、早稲田の皆さんからのお土産のお菓子を戴きながら、おしゃべりに花が咲きました。どんな本を読んでいるのか、どんな本が好きなのか、本に関する同世代の男子の意見を聞ける貴重な機会となりました。
 その後和やかな雰囲気の中、三輪田学園図書委員会副委員長の挨拶で、散会となりました。