法政大学 理科実験教室

投稿日:

MIWADA TOPICS
 3/23(水)、高校2年生の理科選択を受講している生徒たちが法政大学での「理科実験教室」に参加しました。午前と午後の2グループに分かれて、約60名の生徒たちが法政大学の生物学専門の教授から講義を受け、実体顕微鏡を使って観察をさせてもらいました。

 「生物多様性を体験しよう」というテーマで、講義の前半では、先生から現在の生物分類についてスライドや配付資料を使って微生物の説明をしていただきました。後半は、様々な微生物のサンプルを自分で選んで、実体顕微鏡やルーペを使って観察しました。

 講義を聞いて名前を知るだけでなく、実際に様々な微生物を観察することで、微生物の実際の動きや姿を認識することができました。

 生徒たちは、自分で選んだサンプルを熱心に観察し、いろいろな発見をすることができました。今回、このような機会をくださった法政大学の先生方に心から感謝いたします。誠にありがとうございました。