校庭の桜、開花宣言!

投稿日:

たま鑑
今日は久しぶりの晴天。
校庭の桜が、やっと開花宣言です。
外濠公園や靖国神社の桜はもう少し咲き進んでいて、
お花見帰りに立ち寄ってくれる卒業生が増えてきました。
でも、校庭の桜はまだまだこれから。
もしかして、中学入学式は満開かも?と期待させてくれます。
4月7日、学校の周りの桜は散り始めているでしょうけれど、
校庭の桜だけは、花盛りで新入生を迎えられたらいいな、と思っています。


 

校庭の桜は校舎改築の際に植えられたもの。
それから5年がたちましたが、まだまだ若い桜です。
外濠公園の樹齢50年を越す桜に比べてまだまだ幹も細く、
だから開花のタイミングが遅いのかな…と思ったりします。

でも、どのタイミングで花咲くかは、誰にも分からないものです。
それを個体差というのでしょうが、
人も同じようなものかもしれません。
早咲きの人もいれば、遅咲きの人もいていい。
みんな同じように蕾を持っているのですから。
学校は、蕾を早く開かせるためにあるのではなく、
自分のタイミングで、美しく花開くように環境を整えるためにあると思うのですが…。

桜の季節、あと1週間以上満喫できそうです。