模擬国連に参加してきました

投稿日:

MIWADA TOPICS
 2016年3月25日(金)~27日(日)の日程で開催されたPRIMUN(環太平洋国際模擬国連会議)に、三輪田学園の高1の4名が参加してきました。
 うち、3名はアルゼンチン、エジプト、オーストラリア代表として総会に参加し、「世界の教育の現状」についての話し合いに参加しました。残りの1名は、スーダン代表として食糧農業会議に参加し、「世界の漁業の現状」についての話し合いに参加しました。

~以下、参加した生徒のコメントです~

「PRIMUN(環太平洋国際模擬国連会議)に参加して」

 以前から、国際系の分野に興味を持っており、今回PRIMUNに初めて参加させていただきました。会議では一国の代表として責任をもち、自国の要求を主張しながらも、一方では常に国家同士の関係を考え、利害の衝突に折り合いをつけていかなくてはならず、とても難しかったです。
 英語力に乏しく、会議についていくだけで精一杯の私でしたが、相手の意見を詳しく知りたい、自分の訴えを聞いてほしい、その思いから引け目を感じることもなく、三日間、全力で会議に臨むことができました。これは普段のインプット型の英語の授業ではなかなか経験できないことで、これからどうすればグローバル化する社会に適応した英語力を身につけることができるのか考える大きなきっかけになりました。
 「国家」という巨大な枠組みさえあれ、そこに生きるのは同じ人間です。お互いをよく知り、理解し、共に発展しようと努力することがこれからの世界を明るくしていくのだと実感しました。
 このような貴重な学びの場を与えて下さって、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。