追分合宿2016 vol.1

投稿日:

MIWADA TOPICS
 夏休みに入り、三輪田学園軽井沢追分寮にて、各クラブの合宿がスタートしました。それぞれに目標を持って行う合宿ではどのような成果が得られるでしょうか。各クラブからのレポートを順次お届けします。

【音楽クラブ】

 2泊3日の追分合宿では、大変涼しく、自然に囲まれた素晴らしい環境の中で、高校Nコン予選、中学Nコン予選に向けて、大変充実した練習を行うことができました。お二人のコーチの先生、ピアニストの先生に、大変熱心にレッスンをして頂きました。

 朝は8時からストレッチと発声練習を、お風呂時間の隙間を利用して発声個人レッスン、ピアノ個人レッスンを行いました。曲がまとまってくる度に、中高それぞれコンクール曲を発表しあい、意見を交わしあいました。今年は初めて、残響が豊かな体育館で練習して、コンクール会場での響きを想像しました。

 おいしいお食事、花火、高二による素晴らしいハーモニーの「メドレー合唱」も楽しい思い出となりました。最終日の「追分コンサート」では追分寮の方をお招きして、合宿の成果を発表することができました。

  

  

【ダンスクラブ】

 7月24日(日)~27日(水)の3泊4日、ダンスクラブが合宿を行いました。
 夏合宿では、三輪田祭の公演に向けて、各学年のダンスナンバーの振り付けや動きの確認を原則として学年単位で行います。一人一人の動きと全体としての動きをひとつひとつ鏡で確認しながら、技術の精度を上げていきました。

 2日目と3日目にはコーチの指導も入り、生徒たちの練習への集中度も日を追う毎に増していくようでした。最終日には、各学年のダンスナンバーの発表会を行い、学年を超えて批評をし合いました。合宿中、お世話をしていただいたり、栄養たっぷりのおいしいお食事を用意して下さった寮の方々や先生方にも見ていただくことができました。

 3日目の晩に予定していた花火は雨天のため、残念ながら中止となりましたが、新幹線の座席や部屋を縦割りで割り振っているので、先輩後輩との親睦も深められたようです。中2から高2まで総勢41名の参加となりましたが、ひとりも体調を崩すことなく、実り多い4日間となりました。