St.Aidan's に行ってきました!

投稿日:

たま鑑
夏休みもいよいよ後半に突入。
約2週間の登校禁止期間を経て、昨日から生徒たちが登校し、
部活に、三輪田祭準備に、補習にと元気に活動しています。
登校禁止期間中には、学校のメンテナンスを主に行っていますが、
今年はPC教室、PCLL教室の全面リニューアルがあり、
例年より大変な工事になっています。
しかし、学校はやはり生徒あってのもの。
生徒がおらず、工事の音だけが響く校内は、味気ないものでした。

さて、私はこの登校禁止期間の後半で、オーストラリアに行ってきました。
目的は、来年1月から長期留学を受け入れて頂くSt.Aidan's Anglican Girls' school にご挨拶に行くことでした。

St.Aidan's は創立87周年を迎える、オーストラリアでも屈指の名門私立女子校です。
クイーンズランド州の州都ブリスベンの郊外の、閑静な住宅街の中にあり、勉強もスポーツもとても盛んな学校です。

今回御縁があって、St.Aidan's に3ヶ月のターム留学、1年のイヤー留学を引き受けて頂けることになり、本当に有り難く思っています。

学校に着いて先ず思ったのは、交通の便の良さと校地の広さ。
ブリスベン市内から電車で20分ほどの所にあるのですが、学校が駅に隣接しているのです。
そのため、8割の生徒は電車で通学しているとのこと。
高1で語学研修を実施しているカナダでは、ホストファミリーが車で学校への送り迎えをしてくださることがほとんどですが、
それだけこの学校は交通の便がよく、しかも安全だということでしょう。

  校庭

  チャペル

幼稚園、小学校、中学校、高校を併設した一貫校で、生徒は全部で750名ほどとのことでしたが、留学生も多く、日本人の留学生にも会いました。
  教室

  図書館

広い校地の中には芝生がたくさんあり、生徒たちはそこでランチを食べていました。
体育館や講堂、実験教室、プールなど施設は完璧。
三輪田の生徒が留学するターム1は夏なので、水泳もするそうです。
美しいチャペルもあり、日曜日には地元の方の結婚式がおこなわれることもあるとか。

さて、英語に全く自信のない私ですが、エージェントのサポートの御蔭でなんとかSt.Aidan's の校長先生とお話をすることができ、
今後の留学についてお願いをしてくることができました。

カレン・スピラー校長先生と

その後、シドニーで観光もしましたが、
今回の旅行は観光が楽しかったというより、私の下手な英語で、なんとかオーストラリア国内を移動したり、様々な交渉ができたことへの小さな自信を得られたことが一番でした。
この年になってこれはちょっと恥ずかしいですが、若いうちならきっともっと大きな自信になるでしょう。
このチャンスに参加できる生徒が増えるといいなと思っています。