レシテーションコンテスト

投稿日:

MIWADA TOPICS
 11月11日(金)5時間目に英語科主催「レシテーションコンテスト」が行われ、中学3学年全員が講堂に会しました。中学1年生は ‘Chairs Have Legs’、中学2年生は ‘The Town Mouse and the Country Mouse’、中学3年生はMartin Luther King Jr.の ‘I Have a Dream’の一節を全員が授業内で暗唱し、クラス代表、学年代表を決めました。この日は各学年から選ばれた発表者がひとりひとり壇上に上がり、情感たっぷりにジェスチャーを加えながら課題のパッセージを暗唱しました。英会話室に足繁く訪れてネイティブの先生にご指導を受け、自宅でも何度も何度も繰り返し練習を重ねた成果は、中学生全員そして保護者の方や教員の前でも臆することなく十分に発揮され、聴衆に大きな感動をもたらしてくれました。

 発表後、審査の間にはESSによる絵本の朗読があり、Arnold Lobelの ‘Frog and Toad Are Friends’のほのぼのとしたストーリーには聴衆も引き込まれました。

 審査は「スピード」「抑揚」「発音」「発表の仕方」などの観点から英語科教員が行い、各学年1位から3位までの順位で表彰をしました。どの発表者も素晴らしく、審査は大変難しかったようです。
 All of them did a really, really, really great job! We are very proud of them!