卒業記念講演会

投稿日:

MIWADA TOPICS
 11月25日(金)の午後、高校卒業記念講演会に法政大学総長 田中優子先生をお迎えし、「自由を生き抜く実践知-いま必要な能力と大学」という演題の講演を伺いました。

 これからの社会を生き抜くために必要な実践知についてお話をいただきました。誰もが自由を生き抜ける持続可能な社会の実現のために必要な力が実践知で、その実践知を身につける具体的な方法については、自ら選ぶ習慣をつけ、自己肯定感を育てることが大切だということでした。

 また、変化の激しい現代社会にあってはダイバーシティ=多様性を尊重し、グローバル体験も必要だとお話しされていました。現在のグローバリゼーションは自分たちが新しいものを作っていかなくてはいけないという点で、江戸時代のグローバリゼーションとよく似ているということでした。その点について、先生のご専門のお話も交えて詳しく伺うことができました。

 最後に3人の生徒からの質問にお答えいただき、それぞれの生徒がグローバル化についての考えを深めることができたようです。