3月10日は…

投稿日:

たま鑑
今日、3月10日は私の誕生日です。
授業を持っていた頃、この日に何があったか知ったことが、
私が歴史に興味を持ったきっかけだったと話しました。
1945年3月10日未明、東京大空襲で10万人もの人々が被災し、命を奪われたのです。
戦争の悲惨さを伝え続けることは、この日に生まれた者の務めであると思っています。

授業を受けた生徒たちは、もう皆大人になっていますが、それでもこの話を覚えていてくれて、
たくさんの卒業生が誕生日に寄せてメッセージをくださいます。
皆さん、本当にありがとうございます。
父が亡くなった年をとっくに過ぎて、老境に差し掛かる自分など想像したこともありませんでしたが、気がつけば…。

今は3月10日といえば、東日本大震災の前の日という方が生徒には分かりやすくなっています。
どちらも多くの命が失われたという点は同じです。
6年前の誕生日は、仕事で帰りが遅く、誕生祝いは翌日に持ち越しと家族と話していたところ、翌日は342名の生徒たちと一緒に、学校に泊まることになったのでした。
これも語り継ぐべき事実。
3月10日に生まれた者の務めは、まだまだ終わりません。