「お父さんの会」発足?

投稿日:

たま鑑
あっという間に7月、しかも期末試験中。
まもなく夏休みに入ります。
修学旅行から帰って、毎日バタバタ忙しく、
ゆっくり考えたり資料を読んだりする時間が取れていません。
もっともっと、生徒の教育環境や授業の改善など、考えていかなければならないのですが。

そんな中、今私が心から楽しんで取り組んでいることは、
外濠市民塾に参加した生徒たちとの交流です。
4月の市民塾参加者の中から、10名ほどが三輪田祭に有志参加することを希望してくれました。
これからどんな展示にするか相談なのですが、
多学年にまたがる初の有志テーマなので、
しかも法政大学さんや地域の方々の御協力も頂けるので、
顧問・吉田はワクワクしています。
思えば、もう10年以上三輪田祭有志の顧問をやっていません。
新任の先生同様、有志の規定や装飾規定などを読み直さなければ…。
三輪田祭がすんだら、この有志チーム「外濠フレンズ」を発展的に広げて、他校と合同の環境プロジェクトに広げて行くことも計画しています。

さて、ワクワクといえば、三輪田にもいよいよ「お父さんの会発足?」
先日のサロンは、「思春期の女の子とお父さんの係わりについて」というテーマで実施しました。
お父様にもぜひ、思春期の女の子の心や体の成長を知ってほしいと思ったので、
思い切って土曜日はお父様限定の会にしたところ、75名の参加者が。
水曜日の会にも10名ほどのお父様が来てくださいました。
三輪田史上、お父様がこんなに集まってくださったのは初めてでしょう。
通常、教育サロンの参加者はほとんどお母様で、こちらもお母様向けのテーマを用意することが多かったのですが、
このところお父様の参加が増えてきたので、思い切って「父の日」を実施してみました。

教育サロンは色々な学年の保護者が交流して、学校や家庭教育について情報交換することが目的です。
毎回校長がテーマを決めて基調講演しますが、それは前座に過ぎません。
今回参加できなかった!というお父様、当日のプリントを差し上げますので、どうぞお申し付けください。
これからも、お父様に積極的に参加していただく機会を設け、
いずれ父母の会の中に父親部会?とか作ってみたいなあと野望を抱いています。