中1合宿 1年に組

投稿日:

たま鑑

に組の合宿は今日で3日目。
朝は雨で、校庭でラジオ体操をすることができず、玄関ホールで朝礼を行いました。
今日のスケジュールは浅間山周辺のハイキング。
8時に寮を出る頃には雨はあがりましたが、今度はすごい霧。
浅間山どころか、10m先もかすんで見えないほど。
これはどうなるかと心配しましたが、10時過ぎには霧も晴れ、やがて見事な快晴になりました。

さて、郷土館前の駐車場からバスに乗り、まず群馬県側の嬬恋郷土資料館に行きました。
ここでは浅間山天明の大噴火の際の資料が展示してある嬬恋郷土資料館へ。
資料館では、実際に鎌原村の観音堂の石段を発掘調査した、元資料館館長の松島先生からお話を伺いました。
考古学がご専門の先生なので、嬬恋村の今井遺跡で発掘された土器のお話や、観音堂の石段発掘の時のお話を詳しく聞かせてくださいました。
また、570人いた村の人々が、この災害によって93人になってしまったこと、そこからどうやって村が再生していったのかもお話くださいました。
今夏、九州など各地で集中豪雨の大きな被害が出ていることはご承知の通りです。
地震、台風や豪雨、火山の噴火など、これからも大きな災害に見舞われることがあると思われます。
生徒たちが大人になったとき、大きな災害からどうやって立ち直っていくか、鎌原村のケースを覚えておいてくれるといいなと思いました。
災害に強いインフラや土木技術も重要ですが、もっと大事なのは、災害から立ち直るための人々のメンタルです。
災害や困難をしなやかに跳ね返すレジリエンスを、ここから学んで欲しいのです。

さて、嬬恋から今度は浅間園へ移動して、溶岩流の中を散策。
ヒカリゴケも見つけました。
見晴台からの景色は最高で、浅間山はもちろん、本白根山の方までぐるっと山々が見渡せました。
1503739510 (1).jpg
浅間園にて。バックは浅間山の山頂です。
           
ここで昼食をとり、今度は浅間牧場へ。
絞りたて牛乳のおいしかったこと!
丘の上までのぼり、ここでも景色を楽しめました。
遠く八ヶ岳の方まで見渡すことができました。

最後に白糸の滝に行きました。
水の冷たさ、滝壺付近の涼しさに、皆歓声を上げていました。
今日は8月最後の土曜日とあって、浅間牧場も白糸の滝も大変な賑わいでした。
帰りに旧軽井沢を通って来ましたが、旧軽銀座は人で埋め尽くされており、生徒曰く「日曜日の原宿竹下通り」。なるほど。
寮に戻ったのは4時でした。
たくさん歩いて、友達ともたくさんおしゃべりできた1日でした。