九段三丁目町会の避難訓練

投稿日:

たま鑑

寒くなって来ました。今年も秋がなかったなあ...。

外濠の桜の葉も一気に色づいて、あっという間に散ってしまった感じです。

あとは寒々した冬木立。もうすぐ一年も終わりですね。

学校は今日から期末試験ですが、放課後、百年記念館で九段三丁目町会の避難訓練がありました。

私立学校はどうしても地元の皆様とは御縁が薄くなってしまいがちですが、ふだんいろいろとご迷惑をかけている分、

少しでも地元に貢献したいと考えて、百年記念館を町会の皆様の避難場所としてお使いいただくことにしました。

まさかの時、生徒は校舎内で合宿となりますが、記念館は入り口も本校舎とは別で生徒と動線をわけることができるので、お使い頂くことが可能と考えています。

今日は南門付近で初期消火の訓練、3階講堂で消防署の方のご指導のもと応急救護訓練等をおこない、千代田区の災害対策危機管理課の方から避難所HUGの説明がありました。

避難所HUGは実際におこなうことはできなかったのですが、町会の皆さんは興味津々。

実は昨年、今の高一が家庭科の授業で避難所HUGをおこなっているのを見学しました。

様々な年齢や条件のある避難者を設定して、避難所のどこにいて頂くのが最も良いかを考える、ゲーム感覚で楽しく防災知識が学べる訓練です。

皆様熱心にお話を聞いていました。

三輪田学園のある九段三丁目はそもそも人口が少ないのですが、昔から住んでいらっしゃる地元の方が多い。

ご高齢の方もあり、区が指定している避難場所では不都合なこともあるとか。

百年記念館には茶室もあるので、ご高齢の方や赤ちゃんのいらっしゃるご家庭にも少しホッとして頂けそうです。

災害があったとき、自助・互助・公助といいますが、公助はすぐには届かないでしょう。

同じご町内で、助け合っていく体制を作っておくことが大切だと考えています。

もちろん、生徒の安全も全力で護ります!IMG_0018.JPG