新学期始まる

投稿日:

たま鑑

今日は始業式。...だというのに、朝から複数の路線で電車遅延がおこり、新学期早々遅刻者が75名。

始業のチャイムが鳴ると玄関に立ち、遅刻者のカウントをするのが日課になっていますが、あまりの多さにビックリしました。

今日はいつもよりゆっくりの9時朝礼でしたから、のんびり家を出た人はさぞや慌てたことでしょう。

3学期が始まり、高三生は六年間の実りを収穫する時が近づいています。

今日の始業式では、下級生全員で高三生へのエールを贈りました。

「三輪田の受験は団体戦」  共感能力の高い生徒たちだからこそ、言えることです。

大学受験は孤独な戦いですが、それはあくまで自分との戦いであって、他者を蹴落とすものではありません。

「山の向こうは晴れている」  明るい希望に向かって進んでください。

さて、昨日は成人の日、三輪田の卒業生の成人を祝う会に参加しました。

私立学校で中高の6年間を過ごすと、どうしても地元とは縁遠くなってしまいがち。

地方自治体の成人式にはちょっと...という人も多いようです。(実は私もそうでした)

なので、成人式を学校が主宰するというところもあるようですが、三輪田では成人する卒業生自身が企画運営し、

私たち教員を招待してくれます。(卒業前から計画しているそうです。)

皆素晴らしい振袖やドレスに身を包んで、すっかり立派な女性になっていました。

IMG_0296.jpg

大人と子どもの境界が曖昧になっている現代。

選挙権は手にしても、精神的・経済的自立はまだまだこれから...という人も多いはず。

大人になるとはどういうことか、自覚しながら過ごしてほしいと思います。